鳥取県の工務店 お住もうの家 荒井工務店 木組みにこだわった耐震設計・進化する木組み「新伝統構法」
PROJECTS
 

おお住もうの家
ホーム > おお住もうの家・・・家づくりのコンセプト







100年以上耐える家を目指した新伝統構法

100年200年安心して住み続けるためには、平面架構からの脱却、立体架構への移行がぜひとも必要です。6寸、7寸、8寸の大きな柱を使用することも肝要で大黒柱1本で地震力2割を負担するとも言われています。

新伝統構法とは、これらのことをふまえた上で、伝統構法をベースに現在の建築基準法に適合させた構法です。

家づくりとは『反省、改良、進歩、そして発展』あらゆる物づくりの原点と心得ています。
 




夢を叶える自由設計

【次の世代が住み続けたいと思える家づくり】
構造がしっかりしていて設備が満たされているだけでは、住み続けたい家にはならないと思います。 やはり、『飽きの来ないデザイン』が必要になってくると思います。これまで数多くの住宅を見てきましたが、モダンさの中に和の要素が散りばめられた家は、何年経っても新鮮さを感じます。

荒井工務店では、和のデザインを大切にしたモダンデザインとの融合にも取り組んでいます。




100年以上耐える家を目指した新伝統構法

現在の住宅多く使われているビニールクロスなどの石油製品は年月が経つと古くなるだけです。しかし、杉板や珪藻土(ケイソウド)や和紙などの自然素材は、家の一部となってもなお生きています。そのため年月が経つとただ劣化するのではく、骨董品のように年月と共に美しい素材感を出していきます。

また、自然素材を使った家づくりは、科学物質による健康被害も無く、住む人の健康と木の温もりから心の安らぎを感じることができる住まいです。

 







100年以上耐える家を目指した新伝統構法
モダン建築と日本建築の融合
色あせない家づくり自然素材に囲まれた生活

□在来工法との違い
□職人集団だからできる新伝統構法
□金物に頼らない新伝統構法
□夢を叶える自由設計

ふるさとの木
□木の温もりと呼吸を感じる健康住宅
□ 県産材へのこだわり

□ジャパニーズモダン スタイル
□ナチュラルモダン スタイル
□ナチュラルカントリー スタイル

ギャラリー・施工実績
◇おお住もうの家の施工実績をご覧いただけます。

完成見学会情報・報告
◇古き良き日本の暮らしの原風景『古民家』
後世に伝える古民家再生のご紹介です。

完成見学会情報・報告
◇各種イベントや見学会のご案内、イベントの報告はコチラからご覧いただけます。


◇住まいをテーマにしたブログです。施工状況や最新情報をお届けします!みなさん見にきてね♪



■MAIN ■おお住もうの家 ■施工実績 ■古民家再生 ■会社概要 ■リンク
お問合せ ◇PRIVACY POLICY

〒682-0812 鳥取県倉吉市下田中町882
TEL:0858-22-7744 FAX:0858-22-7745 MAIL:arai-kou@ncn-k.net

Copyright c 2010 Arai Komuten. All Rights Reserved.