鳥取県の工務店 お住もうの家 荒井工務店 木組みにこだわった耐震設計・進化する木組み「新伝統構法」
PROJECTS
 

おお住もうの家
ホーム > おお住もうの家・・・新伝統構法







在来構法との違い

柱の曲げ抵抗を活かすか無視するかは、耐力を何割か向上させる程度の問題ではない。
木構造を「全壊させるか、させないか」の別れ道です。
柱の曲げ抵抗を活かすことだけが、木構造を全壊させない強力な手段です。

在来構法は、筋違いしか構造材はありません。筋違いを取り除くと不安定構造しか残らないのです。 筋違いが白アリや腐敗菌にやられると耐力ゼロとなり倒壊します。阪神大震災の全壊10万棟はこうして生じました。 同じ規模の鳥取県西部地震の全壊400棟は、柱の曲げ抵抗の重要性を大きく物語っています。



  柱間に筋違いを入れ、各々独立した壁が抵抗力を発揮している。(平面架構)
  何拾本もある柱を機材(貫、指鴨居など)でカゴのように木組みを行う。(立体架構)
柱を最重要視することにより、一部の筋違い、面材などが破断しても建物は倒壊することはありません。
  新伝統構法とは、これらのことをふまえた上で、伝統構法をベースに現在の建築基準法に適合させた構法です。

 





職人集団だからできる新伝統構法

伝統構法は、非常に高度なレベルでの技術力を必要とする構法で、大工や棟梁などの腕や墨だしの高い技術力にかかっています。伝統構法の建築基準法の改正に伴い申請に非常に時間がかかってしまうのが現状です。

在来構法は、高度な技術をもたなくても建築基準法に簡単に適合する構法で、現在の建築のほとんどが在来構法で作られています。

しかし、地震に強いのは明らかに伝統構法であるのは明白で、法隆寺などの日本古来より地震に耐えて今に至る神社仏閣などの日本伝統建築物は多数存在します。

新伝統構法は、現在の建築基準法に適合させた伝統構法で、より高度な技術力を必要とされます。また、最先端の素材、技法を巧みに取り入れ融合させ、さらなる技術力の発展を図っています。

匠たちが振り下ろす鎚一つ一つにも魂込めた木組みの家『おお住もうの家』には確かな技術力と伝統を受け継ぐ熱い建築への想いが込められています。

 




金物に頼らない新伝統構法

現在の住宅は、金物強度に頼り、その分柱や梁といった大事な構造材を、小さく設計してあるものが多く見られます。金物は20〜30年したら、結露で錆が発生し金物の接合部が強度低下を起こします。

荒井工務店では、金物も使用しますが伝統構法の木組みである「足固め、差鴨居、貫」といった横材によって柱の曲げ抵抗を最大限に活かした木組みだけで家の耐力を充たす構法に取り組んでいます。
 




夢を叶える自由設計

柱と梁で屋根を支える木造軸組構法は、狭い敷地や変形敷地、傾斜地などの制約がある敷地をフルに活用でき、しかもコスト面でもとても有利です。
また、間取りも構造の制約を受けにくいので、広いリビングなどのプランも思いのままです♪ 家族みんなで楽しい家づくりをしてみませんか♪








□100年以上耐える家を目指した新伝統構法
□モダン建築と日本建築の融合
□色あせない家づくり自然素材に囲まれた生活

在来工法との違い
職人集団だからできる新伝統構法
金物に頼らない新伝統構法
夢を叶える自由設計

ふるさとの木
□木の温もりと呼吸を感じる健康住宅
□ 県産材へのこだわり

□ジャパニーズモダン スタイル
□ナチュラルモダン スタイル
□ナチュラルカントリー スタイル

ギャラリー・施工実績
◇おお住もうの家の施工実績をご覧いただけます。

完成見学会情報・報告
◇古き良き日本の暮らしの原風景『古民家』
後世に伝える古民家再生のご紹介です。

完成見学会情報・報告
◇各種イベントや見学会のご案内、イベントの報告はコチラからご覧いただけます。


◇住まいをテーマにしたブログです。施工状況や最新情報をお届けします!みなさん見にきてね♪



■MAIN ■おお住もうの家 ■施工実績 ■古民家再生 ■会社概要 ■リンク
お問合せ ◇PRIVACY POLICY

〒682-0812 鳥取県倉吉市下田中町882
TEL:0858-22-7744 FAX:0858-22-7745 MAIL:arai-kou@ncn-k.net

Copyright c 2010 Arai Komuten. All Rights Reserved.