鳥取県の工務店 お住もうの家 荒井工務店 木組みにこだわった耐震設計・進化する木組み「新伝統構法」
PROJECTS
 

おお住もうの家
ホーム > おお住もうの家・・・木へのこだわり







在来構法との違い

木は育った環境によって、一本一本の性質が異なっています。建物に木材を使う場合、同じ環境で育った木が最良と言われています。
県産材は、鳥取県の風土で風雪に耐え生長した木材です。この同じ風土に育った木材を建築材とする住宅は、特に耐久性に優れています。

木材は乾燥させ建材となっても常に呼吸し、温度、湿度により微妙に変形していきます。それが、木材が生きているという証です。県産材は同じ風土で使われれば、建材となっても同じサイクルで伸縮するので、木のくるいが出にくいという特徴があります。

荒井工務店では、この優れた県産材を使用し、自然にやさしい良質な住宅を提供いたします。木の香りいっぱいの生活をお愉しみください。
 




職人集団だからできる新伝統構法

『おお住もうの家』は、通常の木造住宅の2倍〜3倍の県産材を使用します。
複雑に細工された柱や梁を組み立てていく伝統構法は、通常の基本の骨組みや床はもちろんですが、下地材や見えなくなる所にも、これでもかというほど無垢の木を使います。
木の温もりと呼吸を感じる家づくり。それが『おお住もうの家』。

無垢材をふんだんに使った木の家『おお住もうの家』は、化学物質による健康被害も無く、住む人の健康と木の温もりから心の安らぎを感じることができる住まいです。





金物に頼らない新伝統構法

木は伐採された後も、家になってからも、呼吸し、生き続けます。家となってからでも、冬になり空気が乾燥すれば自分の持つ水分を放出し、梅雨の時期が来て湿度が高くなれば水分を吸収し自分に蓄えます。だから、この鳥取県の気候を知っている、そんな中で育った、県産木材が、一番適していると思います。
地元の気候風土の中で育った無垢の木に囲まれて暮らすことほど気持ちの良いものはありません。

地元の県産材を使うことは、いい家を残すだけでなく地場産業を活性化させると共に、森林の荒廃を防ぎ、CO2削減にもつながります。

 





□100年以上耐える家を目指した新伝統構法
□モダン建築と日本建築の融合
□色あせない家づくり自然素材に囲まれた生活

□在来工法との違い
□職人集団だからできる新伝統構法
□金物に頼らない新伝統構法
□夢を叶える自由設計

ふるさとの木
木の温もりと呼吸を感じる健康住宅
県産材へのこだわり

□ジャパニーズモダン スタイル
□ナチュラルモダン スタイル
□ナチュラルカントリー スタイル

ギャラリー・施工実績
◇おお住もうの家の施工実績をご覧いただけます。

完成見学会情報・報告
◇古き良き日本の暮らしの原風景『古民家』
後世に伝える古民家再生のご紹介です。

完成見学会情報・報告
◇各種イベントや見学会のご案内、イベントの報告はコチラからご覧いただけます。


◇住まいをテーマにしたブログです。施工状況や最新情報をお届けします!みなさん見にきてね♪



■MAIN ■おお住もうの家 ■施工実績 ■古民家再生 ■会社概要 ■リンク
お問合せ ◇PRIVACY POLICY

〒682-0812 鳥取県倉吉市下田中町882
TEL:0858-22-7744 FAX:0858-22-7745 MAIL:arai-kou@ncn-k.net

Copyright c 2010 Arai Komuten. All Rights Reserved.